twitter

  • Twitter

sticker

  •  ★写真集作りました★
2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

アクセス解析

« 鎌倉felice(フェリーチェ) | トップページ | 今年の納涼うちわ »

2008年7月 7日 (月)

七夕の鶴岡八幡宮

今日は奥さんが用事を済ませている間、豆太郎と二人で鎌倉散策。

鶴岡八幡宮に七夕まつりを見物しに行ってきました。
鎌倉駅到着してから豆太郎にお茶あげるがてら西口広場へ。
そこでよろずやさんと鎌倉&カメラ談義。coldsweats01

日差しが暑い中 長話しちゃったのを反省し、木漏れ日が注ぐ段葛を歩きます。
暑いときには日影が助かるね~。

 

20080706_dankazura                 木漏れ日の段葛

 

ベビーカーを押して段葛を歩いているうちに豆太郎はぐっすり寝ちゃったよ。
いつもならお昼寝時間だしね。

 

鶴岡八幡宮に到着すると鳥居には七夕の飾りつけ。うーん、七夕っぽい。

 

20080706_hachimangue1_2                三の鳥居と七夕飾り

 

 

舞殿のところで思わず声をかけられる。
おぉ、jeanhiroshiさんじゃないですか!ご家族も一緒だ。
jeanhiroshiさんトコの姫はすっかりおねえちゃんになっていました。
豆太郎より一つ年上なのに体重が同じ・・・。豆ぇ、お前重すぎ!coldsweats01

 

20080706_hachimangue2                     舞殿と手作りの七夕飾り

 

ここでも楽しく立ち話。
一日二組の方々とお話できてとても楽しい一日なのでした。

 

20080706_hachimangue3                   青空と八幡宮

 

 

豆太郎も途中からお目覚め。
豆太郎の手をひきながら八幡宮境内をお散歩。
源平池の鴨に向かって何度も「ガーガー ガーガー」と一生懸命語りかける豆太郎なのでありました。

 

20080706_hachimangue5      蓮の葉がモッサリの源平池。こちらは鴨じゃなくてアオサギね。

 

 

 

今日もやっぱり濃霧!
天気が良かったり、濃霧だったり。
変な天気だなぁ。

 

20080706_hongakuji                     濃霧に霞む大町方面

 

 

結局4時間くらい豆太郎と二人で過ごして、男同士の友情?を深めたのでした。happy01

 

« 鎌倉felice(フェリーチェ) | トップページ | 今年の納涼うちわ »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

さかいのまっちゃんさん、こんばんは。
お会いできたとき声がかけられるように
あの方のブログに登場したときのお姿を確認しておきます~。smile

ちゃるこさん、こんばんは。
鶴岡八幡宮の舞殿では梶の葉を模った色紙と、短冊型の絵馬が奉納されていましたね。
短冊型が一般的かと思ってましたが梶の葉は初めてみました。
今回、絵馬や色紙は書かなかったのですが八幡様の児童守りを買って帰りました。

ナミさん、ありがとうございます。happy02
源平池はすっかり蓮の葉で覆われていました。
すごい背丈ですよね。
蓮の花が咲く頃に行ってみるのもいかもしれませんね。

jeanhiroshiさん、こんばんは。
こちらこそ楽しかったです。
お互い子供の成長には驚かされますね。
またよろしくお願いします。happy01

出先で知り合いとばったりって楽しいハプニングですよね。
私も豆ちゃんと遭遇したいなあ。

私も先日、八幡様の七夕飾りを見に行きました♪
とってもきれいですよねヽ(^o^)丿
大人になってからは、家で七夕飾りをすることも
なくなったので、こういうところで季節を感じ
られるのは嬉しいことです。

豆太郎くんももう少し大きくなったら、
自分で願い事を書くようになるのでしょうね♪
成長が楽しみですね~。

おはようございます。

いつも素敵な写真楽しませていただいています。

特にはすの葉と青さぎ、いいですね。

近くにいるのに、なかなか足を運べません。

こんばんは。 昨日はありがとうございました。
偶然の出会いで七夕の一日がより楽しい日になりました。
豆太郎ちゃんもだいぶ凛々しくなってきましたね。
これからも姫と一緒に遊んでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉felice(フェリーチェ) | トップページ | 今年の納涼うちわ »