twitter

  • Twitter

sticker

  •  ★写真集作りました★
2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

アクセス解析

« ようやく青空 | トップページ | シャガがいっぱーい! »

2008年5月 4日 (日)

探検 倉久保の谷戸

新緑がキレイな季節、久しぶりに倉久保の谷戸に行ってきました。
倉久保の谷戸は台峯緑地の一部ですが、公園や宅地化されていない昔ながらの姿をとどめたエリアです。
ほとんど整備されていないエリアなので、散策というより探検か冒険という方がピッタリです。

 

 

20080504_kurakubo1               谷戸の奥へと分け入ります

 

入り口付近は草が多くて、足場を踏みしめるたびに虫が飛び上がります。蝶やトンボも飛んでいて季節が春から初夏へと変化しているのを感じます。

 

20080504_kurakubo_dragonfly                  カワトンボ(アサヒナカワトンボ?)

 

20080504_kurakubo2

 

20080504_kurakubo3                    うっそうとした谷戸の風景

 

今の季節、周囲の斜面にはミズキと山藤が、足元にはヘビイチゴの黄色い花が目立つ。
足元や周囲に気を巡らせながら進むと湿地が広がっており、うっそうとした中、様々な鳥の声が響きます。
倉久保の谷戸に入るとありのままの自然の姿を前にしてか、ピリリと緊張感を感じずにはいられません。

  

更に細い道を奥へ進んでいくと、谷戸の池と呼ばれる池があります。
この池が倉久保の谷戸の一番の特徴かな。
水面には新緑が反射して幻想的な雰囲気です。

 

20080504_kurakubo4  

20080504_kurakubo5             谷戸の池

      

20080504_kurakubo6                 

 

 

谷戸の池を過ぎ、更に進むと梶原の住宅地に抜けるのです。
今度は梶原側から鎌倉中央公園に戻ります。

緊張感ある谷戸とは一変して、鎌倉中央公園ではノンビリムード。
こちらのほうが彩りがあるね。

 

20080504_chuopark1             今日一番よく目にしたオニタビラコ

 

20080504_chuopark2                   ヤマブキ

 

20080504_chuopark3                   ヤブデマリ

 

20080504_chuopark4                        山藤

 

 

晩夏の倉久保の谷戸(2006.09.08)

初夏の倉久保の谷戸 (2006.07.01)

倉久保の谷戸(2006.03.19)

 

 

« ようやく青空 | トップページ | シャガがいっぱーい! »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく青空 | トップページ | シャガがいっぱーい! »