twitter

  • Twitter

sticker

  •  ★写真集作りました★
2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

アクセス解析

« 雨のち晴天、のち雨、のち虹と夕焼け | トップページ | 鳴き声 »

2006年5月21日 (日)

小満の鎌倉中央公園

久しぶりの晴天。

実家の親が訪ねてきてくれたので、鎌倉中央公園に行ってきました。20060521_chuo_park

四月末に来たときより確実に緑が色濃くなっていた。初夏というにはまだ早い気がするこの時期、小満という言葉があるようだ。麦の実が次第に充実してきてホトトギスやツバメがますます忙しそうに飛び交っている時期を示す言葉らしいが、まさに鎌倉中央公園はそんな様子になってきている。

ホトトギスの鳴き声はよく分からないが、ウグイスをはじめ色々な鳥の声が聞こえる。

20060521_iwagarami_1

 

木々は生い茂ってボリュームを増している。

左の写真は名前を調べたのだが、イワガラミかツルアジサイらしい。(またはガマズミかもしれない)

ツルアジサイは標高が高い所に生息しているらしいのでイワガラミかも。

 

 

 

 

 

 

名前を調べるために参考にさせてもらったHPによると、アジサイのような花が咲くので、その花を見れば区別は容易らしい。

この季節、公園内は花は余り多くない。先月末たくさん咲いていたシャガやヤマブキは全て咲き終わってしまい、アジサイはまだ咲いていない。スイレンはまた葉が伸び始めた状態だし、菖蒲は一部が咲いているだけ。今は花の谷間の季節かもしれない。

公園内はトンボが目立ち、多くのシオカラトンボが飛び交う中、ムギワラトンボも発見。(Web上で調べるとヤマサナエかもしれないけど、よくわからない・・・)

20060521_dragonfly_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蝶も数種類を見かけました。先日フラワーセンターでも見かけたアオスジアゲハや、湿地帯ではモンキアゲハが数匹かたまって地面で吸水していた。

20060521_butterfly いずれも街中では見るハズもない光景だったので、エキサイティングな気分だった。

この鎌倉中央公園。昔は田畑が広がる田園地帯だったらしいが、今は造成整備され里山の雰囲気を残す自然公園となっている。

整備されているので厳密には「手付かずの自然」ではないんだけど、非常に生命の息吹を感じる素晴らしい公園ですよ。

20060521_iris 20060521_chuo_park2

« 雨のち晴天、のち雨、のち虹と夕焼け | トップページ | 鳴き声 »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨のち晴天、のち雨、のち虹と夕焼け | トップページ | 鳴き声 »