twitter

  • Twitter

sticker

  •  ★写真集作りました★
2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

アクセス解析

« カジュ祭 | トップページ | 鎌倉みやげ
 ~アトリエバニラのロールケーキ~ »

2006年5月 1日 (月)

大仏坂切通し

今日は以前から行ってみたかった鎌倉七口の中の1つ、大仏坂切通しにチャレンジしてみた。
切通しとは要害であった鎌倉と外部を結ぶ、鎌倉古来の道。鎌倉七口とはその代表的な七つの切通しのことを指します。

この大仏坂切通しは普通のガイドブックは載ってない。バスで火の見下という場所まで行って、そこから民家の裏に入っていくとあるところで山道に変わるのです。少し進むと「あれ~~~、今どこにいるんだっけ!?」と目を疑うような景色が広がっている。

20060501_daibutsuzaka1  

背の高い木々の奥には切り立った岩壁。山を削り取った切岸になっていて鎌倉時代のお墓=やぐらがあります。ダイナミックな景色にグッとくる感じです。

さらに進むと切り立った岩の間を進む道となり、これぞ切通し!って感じで800年前にタイムスリップしたような錯覚さえ感じます。

事前に情報は得ていたけど、自分の目で見ると古来の姿を残した道に心躍る感じです。

20060501_daibutsuzaka2  

 

どの岩も苔むして雰囲気があります。

足場は枯葉がしきつめられているので、歩きやすい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の切通しやハイキングコースに比べて道は狭くていかにも山道という様子を呈しています。その分、雰囲気はバッチリ。古代の鎌倉を偲ばせてくれます。ただし、近くには道路と住宅地が迫っていて古来の道とトラックの音がミスマッチでした。

道は裏大仏ハイキングコースの始点(終点)となる新大仏坂トンネルです。が、裏大仏ハイキングコースの整備されている道に比べて、ほとんど獣道。こちらからスタートしていたら、スタートポイントは分からなかったかもしれません。
大仏坂の切通し、距離は短いけれど存在感はバッチリでした。

 

 

さて、お昼ごはんをもとめて長谷の町へ。GWはもちろんのこと、小学生の遠足もあいまって長谷の町は賑わっていました。レストラン・カロで食事したかったんだけど、何組か待っていたのでドイツ料理のシーキャッスル(SEA CASTLE)に行ってきました。以前から行ってみたかったんだけど、ランチメニューを出していないので入りそびれていたのです。

入ってみると、ドイツ人シェフさんとオバちゃんが出迎えてくれました。
特にランチメニューというのはなくて、コースかアラカルト(単品料理)のみ。ドイツ料理はよく分からないので、適当にチキンの料理とポークの料理をオーダーしました。

料理の写真を撮ろうと思ったんだけど、その前に何気なく店内の写真を撮ったところでオバちゃんに怒られてしまいました。その直後にカメラは出せませんでしたよ。
オバちゃんはドイツの肝っ玉かあさんという感じの人で、料理残したら「キチンと食べなさい」と怒られそう。(笑)  全部おいしくいただきましたよ!

20060501_sea_sastle 20060501_yuigahama

どんどん風が強くなって、海は大荒れ。

海岸沿いはやめて、由比ガ浜大通りを通って鎌倉駅方面まで戻りました。  

混雑している小町通りをブラブラしたりした後、最後は妙本寺でマッタリしましたよ。やっぱり妙本寺は落ち着く良いお寺です。

20060501_myohonji

« カジュ祭 | トップページ | 鎌倉みやげ
 ~アトリエバニラのロールケーキ~ »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カジュ祭 | トップページ | 鎌倉みやげ
 ~アトリエバニラのロールケーキ~ »