twitter

  • Twitter

sticker

  •  ★写真集作りました★
2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

アクセス解析

« ナイト・アドベンチャー | トップページ | 一石一字経 »

2005年6月23日 (木)

紫陽花めぐり

先日の休日の代替に休みを取って奥さんと鎌倉あじさい巡りをしてきた。

平日と同じ時間に起きて、明月院の開門待ちに間に合うように家を出発。外は雨が降っていたけど、傘をさして徒歩で北鎌倉へ向かった。明月院に到着した時にちょうど8時半の開門というタイミングだった。平日だから開門待ちもいないだろうと思ったら、休日ほどではないけど列が出来ていて門に吸い込まれていった。。。

20050623_meigetsuin  

 

 

 

←明月院の丸窓 

 

 

 

 

 

 

 

 

開門待ちの列が出来ていたとはいえ、 中はそこそこ空いていた。雨はパラパラと降っていたが、無理に傘をささないでも何とかなるという程度。持って行ったデジカメでパチパチ写真を撮りまくる。しかし、、、明月院の紫陽花ってこんなに寂しかったかな??昔行ったときに比べてちょっとしょぼい。花も雨のためか、下を向いちゃっていて写真を撮るという点では今ひとつだったかも。でも、まぁ、一応有名どころは抑えておかないとね。
9時を過ぎると、バスツアーの団体客と遠足の小学生がわんさかと押し寄せてきた。ひえ~~、開門待ちで来ておいてよかったー!

 

北鎌倉駅から横須賀線に乗って鎌倉駅へ。軽く朝食を食べてから江ノ電に乗って極楽寺駅へ。そこから歩いて成就院に向かう。ちょっと前までは隠れ家的存在だったらしいが、今はどのガイドブックには紫陽花というと一番大きく掲載されている。
かく言う自分も紫陽花が満開の時期に来るのは初めてなので、ちょっと楽しみ。極楽寺の切通しで階段を上がり一番高い場所に成就院の境内がある。階段の一番上から見る景色は凄く見事!由比ガ浜と紫陽花。凄く絵になる。有名になるのもうなずけます。

20050623_jojuin 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成就院から歩いて御霊神社→長谷寺へと進む。
長谷寺は市内在住の人のブログから「休日にはつづら折で人が並ぶほど混雑する」という情報を得ていたので正直、あまり気乗りしていなかった。しかし、奥さんは長谷寺未体験だったし、紫陽花が凄いという話もあるので行ってみる事にした。

ところがどうでしょっ!いやいやいやいや、凄い凄い。見事でした。高台からの展望が良いということで、そこまでが紫陽花で埋まっているんだけど、凄いボリューム。これは混雑するのもうなずけます。自分も奥さんも、周囲の人達も感嘆とシャッターの嵐。紫陽花をはじめ、他の植木はキレイしてあるし、洞窟はあるし、観音様は超デカいし。長谷寺、あなどれません。

20050623_hasedera

 

 

 

 

 

 

 

 

   
   ↑Photo by 奥さん 

 

成就院、長谷寺と高い満足を得て、鎌倉へ戻り昼食を探します。

今回は、前から気になっていた天ぷらの天青へ。

中はカウンター中心の店構え。(カウンター7席に4人座りのテーブル席が1つ)
奥さんと一緒にかき揚げ丼を注文。海老がたっぷりと入って甘辛のツユがピッタリ。個人的にはもう少しサクサクの方が好みだけど、満足度はかなり高い。鎌倉って結構食事に困るので、ここはお気に入りにブックマークですぜっ!

20050623_tensei 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食後は、奥さんのパラダイススポットである布専門店「SWANY」へ。
そこから我々のお気に入りスポット妙本寺の境内でのんびりくつろぐ。6月13日掲載の猫おは妙本寺の猫なんだけど、今日もいた。ガイドブックにもTVにも出ているので常にここで寝ているのだろう。(ちなみに、自分の携帯の壁紙になってます)

それから小町通りをブラブラして、ミカドコーヒーのソフトクリーム食べたり、一輪挿しを買ったり、かなり満喫しました。それにとっても歩き回った。帰ってきたら足と腰が痛くて痛くて、、、

« ナイト・アドベンチャー | トップページ | 一石一字経 »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97575/4678495

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花めぐり:

« ナイト・アドベンチャー | トップページ | 一石一字経 »